欠陥・不具合住宅の建物調査解決事例住宅の欠陥・損傷の調査解決事例


欠陥・不具合住宅の建物調査の基本的な進め方
  1. 現地にて現場確認および目視調査
          目視にて状況確認及び原因の推測
  2. 詳細調査の方法等を提案・助言
          上記の推測を踏まえ、その後の対応の提案
  3. 詳細調査の実施
          機器を使用した非破壊調査
          仕上材を撤去しての調査
  4. 補修・改修方法の協議
          上記の結果を踏まえ、その後の対応の協議
  5. 補修・改修工事のチェック
          第3者による補修・改修チェック

※状況に応じて変わりますので、上記の通りとは限りません。基本的な進め方です。
具体的な対応方法、調査内容、見積もりについては、詳細を必要とします。
まずは、お問い合わせ・お見積もりフォーム、お電話でお問合せください。


欠陥住宅・不具合住宅の建物調査の解決までの事例

建物の傾きの調査
  1. 1.トイレの扉が勝手に開く、床が傾いている等の現象が起こっていると連絡
  2. 2.現場に伺い、ご依頼者とのヒアリングを行った後、被害個所の確認と現場調査を実施
  3. 3.目視範囲の構造体には特に問題はみられなかったが、基礎床板亀裂が見つかり、
     また各部屋の傾斜測定の結果も同一方向に傾きが確認された。
     また地盤が弱くそれに適した地盤改良が実施されていない事が判明し不同沈下と推定された
  4. 4.補修工事内容を施工会社より提案して頂き、その内容を確認検討し妥当と判断した
  5. 5.補修工事の立会いを実施
  6. 6.問題の解決


床下の漏水調査
  1. 1.共同住宅のオーナーから建具や玄関にカビが生えるとの連絡
  2. 2.現場に伺い、ご依頼者とのヒアリングを行った後、被害個所の確認と現場調査を実施
  3. 3.床下点検口から覗くと床下に水たまりを確認
    4.詳細調査の実施を提案
  4. 5.居住者及び施工会社に撤去箇所・範囲の提案
  5. 6.工事終了後、詳細調査を実施
  6. 7.原因の究明
  7. 8.補修工事内容を施工会社より提案して頂き、その内容を検討しアドバイス
  8. 9.補修工事の立会いを実施
  9. 10.問題の解決


基礎のクラック(ひび割れ)調査
  1. 1.基礎外部のひび割れが気になるとの連絡
  2. 2.現場に伺い、ご依頼者とのヒアリングを行った後、被害個所の確認と現場調査を実施
  3. 3.クラックの位置・巾・方向・数などを確認
  4. 4.構造体に問題のあるひび割れではないと判断し、調査報告
  5. 5.クラックにも構造上の問題があるものと無い物がある事が解り安心したとの事
  6. 6.問題の解決


室内天井からの漏水調査
  1. 1.室内の天井にシミのようなものが発生したとの連絡
  2. 2.現場に伺い、ご依頼者とのヒアリングを行った後、被害個所の確認と現場調査を実施
  3. 3.漏水の可能性がある為、居住者及び施工会社に点検口の設置箇所の提案
  4. 4.点検口設置後、詳細調査を実施
  5. 5.2階浴槽の排水からの漏水と判明
  6. 6.補修工事内容を施工会社より提案して頂き、その内容を検討しアドバイス
  7. 7.補修工事の立会いを実施
  8. 8.問題の解決


雨漏りの調査
  1. 1.室内に雨漏りが発生したとの連絡
  2. 2.現場に伺い、ご依頼者とのヒアリングを行った後、被害個所の確認と現場調査を実施
  3. 3.弊社より居住者及び施工会社に撤去箇所・範囲の提案
  4. 4.詳細調査の実施を提案
  5. 5.工事終了後、詳細調査を実施
  6. 6.補修工事内容を施工会社より提案して頂き、その内容を検討しアドバイス
  7. 7.補修工事の立会いを実施。
  8. 8.問題の解決

 ※具体的な対応方法、調査内容、見積りについては、詳細を必要とします。
   まずはお問い合わせ・お見積りフォーム、お電話でお問い合わせください。
 



お問合せ
調査依頼 見積依頼 ご質問はこちら お問合せ 営業時間・対応エリア
  • 住宅検査コンテンツ
  • 瑕疵(かし)とは
  • 住宅調査とは
  • 第3者住宅調査会社とは
  • 住宅調査メニュー
  • 建物状況調査
  • 住宅調査項目
  • 住宅調査の流れ
  • 調査料金
  • 不動産会社の方へ
  • よくあるご質問
  • 住宅お困りトップ5
  • 欠陥、手抜き、損傷事例
  • 検査風景
瑕疵とは 不動産会社の方へ 木造住宅耐震診断調査 あなたの住宅が設計図どうり地震に強いか機器でチェック!