住宅お困りトップ5

雨漏り

いきなりの雨漏りにどうしていいかパニックになっている方へ

天井にシミらしい物が出てきた、壁に水の伝わった跡がある、ぽたぽたと水が滴り落ちてくる等、異変があったら住宅の調査が必要です。
屋根や外壁等から雨水が侵入している場合があります。
雨漏りからの漏水は気付かないうちに建物を腐朽、腐食させていく場合が多く、気づいた時には、かなり症状が進んでいる場合があります。
木造住宅にとって漏水は腐朽、腐食の原因となる場合があるため、現状を調査し、原因を究明し対策講じる事が必要となります。

いきなりの雨漏りにどうしていいかパニックになっている方へ
いきなりの雨漏りにどうしていいかパニックになっている方へ
いきなりの雨漏りにどうしていいかパニックになっている方へ

ケース1
外壁や窓枠サッシ廻りからの漏水
原因
出窓やサッシ取り付け時の施工不良やシーリングの劣化が考えられます。
対策
サッシ廻りの仕上材を除去し、防水テープの補修を行い、劣化したシーリング材を除去し打ち替えます。
ケース2
バルコニーからの漏水
原因
手摺壁笠木の不良や、防水層の劣化、損傷や施工不良が考えられます。
対策
手摺壁笠木の取り替え、防水層の改修を行う。
ケース3
屋根からの漏水
原因
防水層の劣化や板金廻りの不具合、施工不良が考えられます。
対策
劣化損傷部を確認し補修を行う。
調査依頼 見積依頼 ご質問はこちら お問合せ 営業時間・対応エリア
  • 住宅検査コンテンツ
  • 瑕疵(かし)とは
  • 住宅調査とは
  • 第3者住宅調査会社とは
  • 住宅調査メニュー
  • 住宅調査項目
  • 住宅調査の流れ
  • 調査料金
  • 不動産会社の方へ
  • よくあるご質問
  • 住宅お困りトップ5
  • シロアリ被害
  • 建物の傾斜
  • 土台(床組材)の腐食
  • 雨漏り
  • 床下の水漏れ
  • 欠陥、手抜き、損傷事例
  • 検査風景
瑕疵とは 不動産会社の方へ 木造住宅耐震診断調査 あなたの住宅が設計図どうり地震に強いか機器でチェック!